So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

郷土の菓子 静岡・こっこ

いかにも女性好みというのがわかる菓子が
静岡にある、実は鈴岡県民は
ウナギパイより好きといっている位だ
ふわふわ生地でクリームを包んだものだ
”こっこ”

ここ11.jpg

水が重要なポイントの蒸しケーキ
そこは、ご自慢の南アルプスの伏流水を
使って、豊かな自然の中で育てられている
新鮮さいっぱいの玉子を使って蒸しあげた
フワフワッの生地、中にはとろけそうな
ミルククリーム
何個でもパクパク、そのまま、冷やして、
ほんの少しのチンでも新食感とか
楽しさ、美味しさ、甘さいっぱいだ!!


今日の郷土料理紹介






nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 奈良・古代瓦

さりげなく奈良出身を表現している菓子が
ある ”古代瓦” 大仏殿の瓦、蓮華紋軒丸瓦と
正式には難しそうな名前だが
この文様を模したまんじゅうだ

こか111.jpg

ミルク味のする白餡、子供からお年寄り迄
幅広く受け入れられる味と甘さだ
又、饅頭は割って見ると空間のある事が
多いが、これは餡がビッシリという感じで
これもうれしい
このオールマイティ的な甘さと食感は
コーヒー、紅茶、緑茶、何にでも
ピタリといういう感じだ、
それなりに雰囲気の出ている個包装も
あって土産にもいい!!


今日の郷土料理紹介





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 静岡・あげ潮

静岡の菓子、知名度抜群はウナギパイだが
近年、静かに地位を上げているクッキーが
ある、テレビ番組で著名人が旨いと言った
とたん、ぐんと注目度がアップ
その名は ”あげ潮”

あしお11.jpg

名前から、小魚等海産物でも練り込んで
いるのかと思いきや、どちらかと言えば
果実、木の実タップリといった感じ
ドライフルーツ、ナッツ等の不思議な食感
コーンフレーク等も入っているのか
香ばしさと共にパリッ、バリッと一袋
無くなってしまう勢いだ、あげ潮とは
食べた人の運気があがるようにと
つけられたというが、運気より先に
手が止まらないのが怖い!!


今日の郷土料理紹介





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 奈良・ぶと饅頭

奈良に遣唐使が中国から伝えたという
何やら超年季のありそうな菓子がある
”ぶと饅頭” ぶとというのは漢字で ”餢飳”
と書く、難しさいっぱいという感じだ
神事に使う菓子の一種だという
米粉を練って餃子のような形にして
揚げたものとか、これがルーツらしい

ぶと11.jpg

実際は何かつけないと、とても食べられる
様なものではないが、現在の販売店が
春日大社の許可をもらって大幅に改造
こし餡を入れて揚げ、更に砂糖をまぶす
といった餡ドーナツの様な仕様になって
いる、餃子のような包み型はそのままの
ようだ、トウモロコシ油で揚げている為か
ベトベト感もなく、ぎっしり詰まった餡と
まぶされた砂糖で、美味しく頂ける
俗人はこの食感でなければ耐えられない
パッケージは春日大社の社紋をいれた
おひねり風で、ありがたそうなイメージを
表している、
奈良の散策で小腹がすいた時にいいかも!


今日の郷土料理紹介





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 静岡・うなぎパイ

静岡の土産 ダントツ一位の ”うなぎパイ”
食べた事のある人も多いだろう
サクサク感のあるパイで何枚でもと
いった感じだ

うぱ11.jpg


うなぎの蒲焼きに似ている長ぼそい
スタイルから付けられた名前だが
ご自慢のウナギのエッセンスも
加えられているという、そして隠し味と
してガーリックを加えているというから
芸が細かい、
そしてこの菓子のもう一つの話題性と
いうか ”売り” が サブタイトル だ
”夜のお菓子”→ ウナギ → 精力増強
と勘違いする人多数、これで土産一位か
という感じだが、
発売当初は高度成長期で父母共、共働き
一家そろっての団欒は夜だけという事で
土産に持ち帰って一家で楽しんでもらう
という思いで付けられたタイトルという
今や、製造者の方も勘違いのままでOK
というスタイルとか!!

今日の郷土料理紹介





nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 奈良・空気ケーキ

奈良にすい星のごとく、新たに登場
注目度を上げているニューバージョンの
菓子がある、名前からして注目具合抜群
”空気ケーキ”  What? だ
奈良は春日山の麓、高畑町、
店名も、そのまま空気ケーキという店で
提供されている

くけ11.jpg

とにかくフワフワッ とてもフォーク等
通らない、空気をたっぷりマゼマゼ中に
生地に入れこんでいるのだろう、コロンと
したドングリ状のルックスといい
女性ターゲットは間違いない菓子だ
ブッセ風のさっくり感の焼き生地で
ふんわりムースをサンド、その下に
小豆、ジャム等を置き、甘さをアピール
奈良公園の散策の後のお茶タイムには
ピッタリだ!!


今日の郷土料理紹介





nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 山梨・レーズンサンド

山梨、ぶどうの生産で知られる
その量、何と5万トンというからすごい
当然、そのブドウを使った菓子は多々ある
中でもレーズンサンドは秀逸だ
香ばしいサブレにクリームと共に
サンドされたブドウ、成程と思わせる
食感だ

れさん11.jpg

自ら菓子屋でなく、
農産物加工所と自負する ”葡萄屋kofu"
名前からもブドウへの思い入れがスゴイ
大粒で甘みたっぷりのピオーネを使って
いる、この果肉感がスゴイ、生に近いと
追われる程ジュウシー、
ブドウ屋というだけあって、スゴイ自信が
あるのだろう、サブレ、クリームも
もちろん水準が高いがレーズンは秀逸
バター他のレーズンサンドもあるが
ラム酒に漬け込んだラムレーズンサンド
これが一番、このレーズンに、はまる気が
する、各種食べ比べて自分の好みを
再発見するのもいいかも!!


今日の郷土料理紹介







nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 奈良・らほつ饅頭

奈良と言えば、大仏
それに関係した菓子がある ”らほつ饅頭”
らほつ 一体何だ?という事になるが
大仏様の頭のツブツブ、あれをらほつと
いうらしい、漢字で書いて螺髪、
らせん階段のら=螺、に髪だ
何やらすべて右巻きになっているとの事
とにかく、この形を模した
ありがたそうな饅頭なのだ

らま11.jpg


しっとりと作りあげた餡を、黒糖を
入れた生地で包み米油で揚げた
かりんとうの様な食感で香ばしさを
感じる、こし餡のほか、つぶ餡、
抹茶、かぼちゃ餡等があるという
ウンチクを語りながらの土産に
いいではないか!!


今日の郷土料理紹介








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 山梨・信玄桃

山梨の菓子と言えば、信玄餅が一番だが
信玄の名を冠した ”信玄桃” なるものがある
果実の桃ではない、白餡を小麦粉生地で
包んで焼き上げたものだが、ルックスを
小ぶりな桃の様に色ずけしている

しもも11.jpg

信玄餅で名を知られる桔梗屋という
菓子店が出している、白餡の中に
ピーチゼリーを忍ばせ、臼生地の中に
タップリ入った白餡が口の中で消えて
いく、何ともまんじゅうとは思えない
フルーティな香りを残して
桃の食感を意識したのか、皮生地も
餡も柔らかさを感じる、この菓子を
出した人は相当な遊び心の持ち主だ
包装されている箱は、正に農協から
出荷される桃のダンボール仕様、
開けると本当の小ぶりのモモが
並んでいるかのようだ、これを
土産にもらったら面食らうだろう
多分、その後は笑いになる事は確実!!


今日の郷土料理紹介






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郷土の菓子 奈良・御城之口餅(おしろのくちもち)

奈良は大和郡山市に400年もの歴史が
ある名物がある、粒あんを餅生地で包み
きな粉をまぶしたシンプルなものだ
名を、御城之口餅(おしろのくちもち)と
いう

おも11.jpg

この名に誕生の話が絡んでいる
菊屋という店なのだが、大和郡山城の
前にあったという事だ、大和郡山城と
いえば豊臣秀長の城で、兄の豊臣秀吉を
接待するために、何か旨い珍菓をと
求められ作ったのがルーツとか
秀吉がたいそう気に入り”鶯餅”と名を
つけ、その後各地のうぐいす餅の
ルーツとなったという
一口サイズの物ながら、餡の量は多く
かなりのボリュームを感じる
青大豆を使ったきな粉の香りも香しい
秀吉になった気分でほうばってみよう!!


今日の郷土料理紹介






nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | -